2010年07月01日

禁煙エリアでの電子タバコの使用について

日本では中国産の製品がいくつかの輸入代理店などで販売されているが、ニコチン入りの電子タバコを国内で販売することは薬事法に抵触するので、国内メーカーが販売の製品は、そのすべてがニコチンなしている。オークションなどのニコチン入りの電子タバコが販売されているものもあるが、前述のように薬事法に抵触するので、自分が所有している電子タバコを人に譲渡したり販売したりする場合には、注意が必要です。ニコチン入りの電子タバコを入手するには、海外ショップから個人輸入をしなければならない。 (ただし、薬事法は、ニコチン入りのカートリッジと液体の輸入は、1ヶ月の個人消費以内に制限されている) 購入使用について 基本的には、正規のタバコは異なりますが、ニコチンが含まれているものについては、未成年者と妊婦、授乳中の女性、その他の喫煙経験のない者や医師の喫煙を禁止する者の利用には不適切である。また、タバコがないので、公共の禁煙区域での使用は厳密にはルール違反ではないが、現時点では電子タバコ自体の一般への認知度は低いの公共の場所での使用は、周囲の人々に誤解を与えることができ、むやみに使用することは控えるする必要があります。職場や公共の場所で使用する場合には、周りの人々にまず理解を求めることが必要である。 (一部の航空会社と鉄道では、ニコチンのない電子タバコの喫煙などでの使用を公に認めている)。北海道旅客鉄道(JR北海道)は、2009年4月30日、列車(白鳥のような道外直通列車は除く)や駅施設の禁煙エリアでの電子タバコの使用禁止を発表、翌年の5月1日から実施された。 禁煙効果 販売業者は、その禁煙の効果を大きく宣伝しているところもありますが、基本的に、ニコチンのない電子タバコは、香料が含まれているガスを吸っているだけであるため、ニコチンの摂取量の減少などの医療的な効果はほとんど期待することはできませんし口の寂しさを和らげる心理的な有効にかかったことが知られていた。有害性への賛否 いくつかのメーカーが世界保健機関(WHO)は、電子タバコの健康効果についてお墨付きを与えているかのような広告宣伝をしていたため、一部の報道によると、WHOは2008年9月にこれを否定電子タバコの呼吸に疑問を提起、一部の粗悪な製品は、毒性物質が含まれている可能性もあると注意を促す声明を出している。とにかく、深刻なタバコ依存を改善禁煙治療禁煙外来などの専門家に相談することが推奨される。 電子タバコ喫煙具だけでなく、ニコチンの無添加を楽しむのカートリッジは、さまざまなお菓子の味など、未成年者に魅力的な美味しい議論の対象とされており、専門筋は、喫煙行動かわせるきっかけになる恐れが。 この問題と関連し、米国食品医薬品局(FDA)は、電子タバコの発癌物質などの有害物質が含まれていることを報告書に示している。また、WHOと米国疾病管理予防センター(CDC)は、青少年の使用で、ニコチン依存症の増加や喫煙られる危険性を懸念していることを知ることができる。この問題において、FDAの関係者は、(中国産食品の安全性など)の品質管理の杜撰このせいか、来ると見ている。この見解に関しては、米国肺協会(ALA)かどうかを表明しており、FDAの承認が出ない限り、その製品を販売してはならないという意見を示しており、また、FDA側のこのような安全性の懸念として2009年7月時点で、すでに50件検査中を含む出荷が足止めしていると発表した。この問題は、発売元(の一つ?)であるSmoking Everywhere社がこの4月から、FDAの出荷の禁止は、越権行為の疑いで法廷で戦う姿勢を示すなど、注目を集める。
posted by ubmmuqpnsvxypdarvwuv at 15:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。